BookLog

心理学など科学的根拠のあるものを伝え人生良くしようというものです

プログラミング

TECH::EXPERTで不安に思わなくなる内容

投稿日:

TECH::EXPERTに通い続けてそろそろ2週間になるところなんですが、進捗度に大きな差がではじめてるんですよね(個人的な見解ですが)

 

なんでそんなに差がではじめてるのかっていうと”テスト”が大きな原因であると考えてます

 

TECH::EXPERTでは

①基礎のカリキュラム→応用カリキュラム

②その応用に行く前にテストがあって、そのテストで合格点行かないと応用進めない

という仕組みです

 

簡単に言うとテスト合格しないと永遠に先に進めないで10週間で終わらないって感じ

 

これに対して不安を感じる人が多いみたいです

『あの人はすごい出来てるのに私わ…』

『自分はエンジニアの才能ないのかな…』

 

って感じです

 

でも、こんな風に考える必要が全くないですね

メンターとかに聞くんですが、早くに基礎カリキュラム終わってる人ってみんながみんな基礎を完璧にしてるかというとそうではないんですよね

 

???

 

簡潔にまとめると”テスト合格のための勉強

しかしてないんです。

しかしこれ無意味といっても良いかもです

テストはとかでも応用入ると無理みたいな感じ

受験でもそうですよね。期末試験合格のための勉強をしちゃうんで、期末試験は合格するけども受験になると解けない

 

だから自分の進捗度に不安がある人は、焦って先に行こうとか、テスト合格しなきゃとか思う必要ないです

 

というより効果的な学習方法を取り入れれば良いだけです。

ここでいう効果的学習はテストはもちろん卒業後にも役立つ学習法です

 

じゃーどうするかって話ですが、流れで説明していきますね

①問題を解く上で必要なものは何か考える

HTML/CSSの問題なら、なんの要素が使われているのかを明確にしてみる

分からなければググる(テキストは×)

この内容が重要だろうなって目星もつけると良いですね

 

②とりあえず解いてみる

分からないならにといてみるといいと思います。全くコードかけないならそれでも構いません

③答え合わせ

ここまでで、自分のできてないところ理解できてないところは明確になったはず

この後からがポイント

 

④何でわからなかったのか書き出す

これやらない人多くて、例えばエラーの文を見たとき問題が全く解けないと。

答えを見て何となく分かった感じで終わるんですよね。

ではなくて、MVCモデルのなんでビューのファイルに原因があると分かるんだろうとか!

 

それを考えてメンターさんを呼んでフィードバックを受けると良いですね

 

⑤出来なかったところをまとめないで、思い出す練習をする

テスト終わって、分からないところも明確になってメンターさんに色々聞いて、理解できました

 

そこでノートにまとめようとする人が多いです。

※まとめるのが良くないわけではないのですが、もっと手軽に効果があるものもあるので、今回はそれを紹介します

 

出来なかったところの解説をしてみてください。しかも近くの人に分かるように説明しましょう

さらに、何も見ないで説明してください

人に説明することで記憶の定着につながることは有名です。

しかし、何で他人に教えると効果あるのか知らないと意味がないと思うので説明しておきます。

 

面白い実験がありまして

3つのグループを用意します

①何も見ないで他人に教えた

②テキストを見ながら他人に教えた

③勉強したことを紙に書き出した

ざっくりではありますが、こんな感じで3つのグループを用意します

 

1週間後に抜き打ちテストをおこなうんですが、

結果がこちら↓

 

・テキストを見ながら他人に教えるより何も見ないで教えたグループの方が効果高い

・紙に書き出したグループと他人に教えたグループの結果はそんなに変わらない

 

つまり、他人に教えたから学習効果が高まるのではなく”思い出そうとする“から学習効果が高かったんです

 

テキストを見ながら学んだことを紙に書いて説明は、よく見る光景ですが、

それよりも見ないで紙に書きだして説明する方が効果ありってことですね

逆に何もかけないというのは理解してないからだと思うので、理解できてない内容としてもう1回学習する事を勧めます

 

長くはなってしまいましたが、私はこんな感じで学習を進めるのがいいのでは?

と思ってるんで、不安な方は是非取り入れてください

時間はかかる学習ではありますが、何のために勉強してるかもう1度考えてみてください

テストのためですか?卒業後のためですか?

 

後、最近はイートインの隣の座布団のとこで勉強してるんで、よかったら一緒に勉強しましょう

 

それではまた次のブログで〜

-プログラミング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

167人の購読者に加わりましょう